Global human resource development

企業向けグローバル人材研修

Global human resource development

企業向けグローバル人材研修

by admin

企業のグローバル人材開発をお手伝いいたします

今日の日本の国内市場環境の変化を受け、様々な産業において、国内市場の売り上げが縮小傾向にあり、日本の企業経営者の関心は、グローバリゼーション、即ち海外市場での売り上げを強化することに向いています。一昔前までは、グローバル企業というと一部の大手自動車メーカーや電機メーカーを代表する言葉でしたが、少子高齢化による国内市場規模の縮小などを踏まえ、各種製造業、IT・テクノロジー業、エンターテインメント業、サービス業など、企業規模問わず、様々な産業の企業にとって、国境を超えた経営に真剣に取り組んでいくことが存続のための急務となっています。

また、国内にいながら、英語を公用語化する企業が増えています。マネジメントサイドではコミュニケーションの最適化の実現という大義名分をもちながら、ドメスティックな社員の負担は大きく、実務の生産性は低下するという本末転倒の現象も聞かれます。社員たちが企業に残るために、英語力習得に努め、英検やTOEICのスコアが上がったことを成果と呼んでいる現状ですが、その語学力を実務に活かしていけるかが次の課題となっています。

こうした取り組みを本質的なものにするためには、語学力はもちろん、社員と組織の国際感覚をも育てることが重要です。

アイデアリソースシステムズは、グローバルに活躍できる人材に最も重要な要件は、①異文化を受容する柔軟性と適応力、②主体的にチャレンジする積極性、そして、③コミュニケーションスキルと考えています。

英語を初めとする言語スキルはもちろんですが、単に外国語が話せるということではなく、グローバルな視野をもってその言語でコミュニケーションを実践できる能力を意味します。それは、 相手の話を聞き、自分の意見を発し、ファシリテートするスキルです。異なる価値観や多様な意見を理解し、対立を解消しながら、共通の目的のためにチームを導いていくスキルは組織力をも強化します。

アイデアリソースシステムズでは、海外の企業と提携し、 ファシリテーションとダイバーシティ体験を融合した独自のプログラムをご提供し、グローバル人材開発のお手伝いを行っております。

国内社員の国際感覚育成

グローバルコミュニケーションのベースとなる「異文化や多様性を理解・受容するマインド」を醸成し、円滑なコミュニケーションを実現するためのプログラム

海外赴任候補者育成

異文化の人材と効果的にコミュニケーションをとることを通じ、ビジネスを進めていくための「視点」と「スキル」の獲得を目指すと同時に、 「組織方針の策定」「意思決定」のあり方を学び、ローカルマネジャーとしてのマネジメント力向上を目指すプログラム

研修プログラム一例
  • 新商品・新規ビジネスのクリエイティブセミナー
  • アメリカの最新ビジネスの動向視察ツアー
  • シリコンバレー・シリコンビーチの企業訪問
  • グローバル人材育成ワークショッププログラム
Iadea Resource Systems - Global Human Resource Development
Iadea Resource Systems - Lectures & Coaching
Top